ナゴムレコード再始動!!
 第1弾は鈴木慶一とKERAのスーパー・ユニット!


デビューアルバムの今作は多彩なゲストを迎え、多種多様な楽器を用いて、破天荒かつ深淵な音世界を展開する。セルフ・カヴァー3曲に書き下ろしの新曲7曲の全10曲

アートワーク:信藤三雄/録音・ミックス:ゴンドウトモヒコ

ゲスト:犬山イヌコ、上野洋子、大槻ケンヂ、大森靖子、緒川たまき、ゴンドウトモヒコ、
坂本美雨、武川雅寛、野宮真貴


No Lie-Sense
ノー ライ・センス
(鈴木慶一&KERA)

First Suicide Note
ファースト・スーサイド・ノート

01. けっけらけ(ft.犬山イヌコ、上野洋子、緒川たまき)
02. 僕らはみんな意味がない(ft..犬山イヌコ、上野洋子、緒川たまき)
03. 嘘つきぶっく
04. だるい人(ft.上野洋子、野宮真貴)
05. 鉄道少年(ft. 武川雅寛 )
06. MASAKERU (ft.大槻ケンヂ、上野洋子)
07. 反転せよ/火事
08. DEAD OR ALIVE (FINE, FINE)(ft.上野洋子、野宮真貴)
09. イート・チョコレート・イート
10. 大通りはメインストリート(ft.大森靖子)


[release]2013/11/06
[price]¥2,700+tax
[format]CD
[cat]CDSOL-1542






















No Lie-Sense発売予告編

No Lie-Sense 「イート・チョコレート・イート」



















No Lie-Sense [ノー ライ・センス]

 2011年末に無期限活動休止を宣言したムーンライダーズでの活動の傍ら、多くのCMや 映画音楽、アーティストプロデュースなどを手掛け、音楽界に大きな影響を与えてきた鈴木慶一と、80年代よりインディーズレーベル"ナゴム"を主宰し、ヴォーカルを担当する有頂天がオリコンチャートにランクインするなど日本のインディーズ界で一時代を築いてきたKERAが結成したユニット。今年2月に行なわれたイベント「INU-KERA」の楽屋で「さほど意味のない音楽」を作ろうと意気投合し、結成に至る。 1988年、テレビ番組をきっかけにシングルをリリースした秩父山バンド以来、久々にタッグを組む。鈴木慶一の日本レコード大賞優秀アルバム賞、日本アカデミー賞、また、劇団ナイロン100℃を率いる脚本家&演出家、ケラリーノ・サンドロヴィッチとしても活躍するKERA の岸田國士戯曲賞、読売演劇大賞最優秀作品賞など、多くの受賞歴を持つ二人であるが、 飄々としたスタンスで音楽と、別のフィールドとを行き来している。二人ともに、運転ライセンスを持たないので、ユニット名をNo Lie-Senseとした。 新生ナゴムレコードよりアルバム「First Suicide Note」をリリースする。