CITY(都会)ではなく、僕らはTOWN(街)で育ったんだ…


都市と近郊の狭間…東京ベッドタウンに生まれ育った6人が奏でるのはシティポップではなくベッドタウンポップミュージック。 混沌と破壊衝動が入り交じったシティポップ。ジャズやカントリー、はたまた、歌謡曲、インプロ具合も混じり合う、彼らの育ったベッドタウンの、風景である便利でも不便でも無いこの"どうしようも無い"感情が爆発した傑作!お世辞にも演奏は上手では無いが熱気と初期衝動が詰まりまくった1STアルバム。

通勤・通学、買い物に出かけるのも東京の中心部、だが生まれ育ったのは都会の喧噪からは離れた、閑静な土地。町自体は独立しているが、中心部ほど華やかではない。しかしながら地方都市の独特の臭いは無い。山も遠くに見えるが、近くにビル群も見える。そんな風景が、ベッドタウンと言われる西東京周辺に育つ多くの子供達、大人達が見ている通常の風景。アルバム「常夜灯」名盤が生まれる瞬間は、いつもひょんな所からだった。

自主制作のCDR一枚で東京インディーシーンから、玄人までも虜にしたバンドをその耳で確かめて欲しい!!


失敗しない生き方
常夜灯

01.月と南極
02.海を見に行こうよ
03.魔法
04.私の街
05.アメリカ人じゃあるまいし
06.終電車
07.ラグタイム
08.うわごとのジャイブ
09.クックブック
10.常夜灯
11.冷たい部屋


[release]2014/01/22
[price]¥2,200+tax
[format]CD
[cat]VBCD-0068

















NEWS HMV限定7inch VINYL 同時発売!!
アルバム発売に伴い、HMV限定でアルバム収録曲から「海を見に行こうよ/魔法」を収録した、超限定!数量完全限定の7inchアナログシングルが販売されます!
※数量限定の為、売り切れの際はご了承ください
※完売しました
MEDIA インタビュー記事掲載【CD JOURNAL】
インタビュー記事掲載【HMV ONLINE】
インタビュー記事掲載【CINRA】


















2010年秋、都市と郊外の狭間=東京中西部にて、天野龍太郎(gt./vo.)、今井一彌(key.)、千葉麻人(t.sax)、寺尾拓未(dr.)、蛭田桃子(vo.)、村上慎吾(ba.)によって結成されたベッドタウン・ポップ・グループ。2013年1月に上梓したEP『遊星都市』がごく一部の奇特な聴衆の間で話題となる。現在、都内を中心に癒やしと狂騒と破綻のライブ演奏を展開中。