KERRI CHANDLER_DJ-KICKS




KERRI CHANDLER
DJ-KICKS


ディープ・ハウスのオリジネイターとしてスリー・ジェネレーションズの“Get It Off”、チュール(Teule)の“Drink On Me”、アーノルド・ジャービス“Inspiration”などのプロデュース・ワーク、「Hemissphere」を筆頭としたオリジナル・アルバムのリリースなどで、ハウス・シーンのレジェンドの一人として君臨するケリー・チャンドラー。キーボードを弾いたり、また自らヴォーカルを重ねるなどDJスタイルもオリジナリティ溢れる彼が、ついに「DJ-KICKS」シリーズに登場 ! ジャンル/カテゴリを超越、黒いグルーヴに満ちた、全ミュージック・ラヴァー必聴の一枚 !

「クラブを飛び出して僕がニューヨークを紹介して回る感じの内容になったよ」と本人が語るように、ソウルフルな選曲は一層レイド・バックした内容に ! ケリー独自のスタイルと言えるキーボードや彼自身の声などが随所に重なるまさにケリー・ワールド炸裂の本作は、カーティス・メイフィールド主宰の<カートム>から数々のクラシックを残すリロイ・ハトソンの75 年作「Hutson」に収録された絶品ジャジー・ソウル“Cool Out” からコモン・センス“Take It Ez” ネタで名高いラサ“When Will The Day Come” やニコレイとリトル・ブラザーのフォンテがタッグを組んだザ・フォーリン・エクスチェンジの“Body” などが続くメロウな立ち上がりから幕を開け、オールドスクール・クラシック、ファンタシー・スリー“It's Your Rock” のインストやT ラ・ロック“It'sYours” などのヒップホップ・クラシックやシルヴィア・ストリプリン、ジェームス・メイソン、ロイ・エアーズ、サイマンデに至るレア・グルーヴ、ベッキー・ベル”Music Madness”、ファラオ・サンダースのまさかのディスコ・カヴァーとして話題となったアップタウン・ファンク・エンパイア” You've Got To Have Freedom”の新旧フレンチ・ディスコ、さらにはカール・クレイグの変名プロジェクト、インナーゾーン・オーケストラまでを収録した問答無用の内容 ! もちろん「DJ-KICKS」恒例のエクスクルーシヴ・トラック“Stop Wasting My Time” も収録 !


01 Intro
02 LeRoy Hutson - Cool Out
03 New York Streets
04 Rasa - When Will The Day Come
05 The Foreign Exchange - Body
06 Fantasy Three - It’s Your Rock (Instrumental)
07 T La Rock - It’s Yours
08 André Ceccarelli - Stock No.1
09 Soulful Session - All I Need feat. Tisha Monique (Demo Boogie Version)
10 Beckie Bell - Music Madness (Extended Charles Maurice Version)
11 Uptown Funk Empire - You've Got to Have Freedom
12 Segway City 2
13 James Mason - Sweet Power Of Your Embrace
14 Segway City 3
15 Fruit - If You Feel It, Say Yeah
16 Kerri Chandler - Stop Wasting My Time (DJ-Kicks)
17 Sylvia Striplin - You Can't Turn Me Away
18 Innerzone Orchestra - People Make The World Go Round
19 Cymande - Getting It Back
20 Kiki Willows - 3 AM
21 Roy Ayers - Liquid Love


[release]2017/10/25
[price]¥1,980+tax
[format]CD
[cat]!K7CDJ358
[genre]洋楽/CLUB