KUJA_SS POISON




KUJA
SS POISON


鹿児島の気鋭ビートメーカー、KUJAによる、自身のBEATSをメインに唾奇、HiNaLow、YOSKEIGHT(FACECARZ)、DJ OGRE WAVEが参加した渾身の1ST ALBUM。

話題となっている「betty blue feat. 唾奇 / sk’p feat. HiNaLow」先行7インチ・アナログに続く、ビートメイカーKUJAのファースト・アルバム「SS POISON」(ダブルエス・ポイズン)。KUJAの持ち味はメロディーセンスと拘り抜いた特異なプログラミング。流星群が流れる光景のように音の破片が弾けるイントロで幕を開けるジャーニー。盟友の初作品を豪快に後押しする”HiNaLow”。ねっとりとしたグルーヴが首を振らすDOPE BEATへ渋い声立ちで不敵に切り込み抜群のコラボレーションを聴かせる”YOSKEIGHT”。タメのキいたスペーシーなBEATにスクラッチと2枚使いで創造的再構築を施す”DJ OGRE WAVE”。真の信頼を置くラッパー、DJとの必然の音楽を披露した後は、BEAT MUSICの可能性と深化の探求へ。サンプル・ソース本来の旋律を大事にし他要素を違和感無く溶け込ませるバランスの妙味と、南国育ちらしい風通しの良さをブレない芯とし鮮やかなヴァリエーションを魅せる。特にエモーショナルになる終盤の楽曲たちを経て、“このストーリーのためにこの楽曲は存在したのか”と強く思わせる程のドラマティックなクラッシック「betty blue feat. 唾奇」に到達する。そして、切なくもあたたかなピアノが胸を打つ、本作にとって、KUJA自身にとって特別な意味を持つ「thx.szl」で旅の終着を迎える。ARTWORKは『Aru-2 / Backward Decision for Kid Fresino』等を手掛けてきた奇才ODDが担当。OILWORKS等JAPANESE BEAT MUSICの系譜とLA BEAT MUSICのエッセンスが融合した新たなJAPANESE BEAT STYLEを提示する。


1.intro
2.sk'p feat HiNaLow
3.暗中模索 feat YOSKEIGHT
4.Jam feat DJ OGRE WAVE
5.NEw sakurazima breaks
6.takaya kattobase
7.39 brother
8.Hello m m I'm back
9.remenber you
10.Beyond the Sea
11.Ahaa
12.betty blue feat 唾奇
13.thx.szl


[release]2017/10/25
[price]¥2,000+tax
[format]CD
[cat]ARCHVS-2
[genre]邦楽/J-HIPHOP