BOWLING FOR SOUP_POP DRUNK SNOT BREAD





BOWLING FOR SOUP
POP DRUNK SNOT BREAD


1994年に米テキサスで結成されたポップ・パンクのレジェンド、ボウリング・フォー・スープ。6年振りとなる11枚目のアルバム『ポップ・ドランク・スノット・ブレッド』をリリース。

ポップ・パンクのレジェンド、ボウリング・フォー・スープが11枚目のスタジオ・アルバム『Pop Drunk Snot Bread』で、またしてもやってくれた。「I Wanna Be Brad Pitt」でBrad Pittへの愛を告白し、「Killin’ ‘Em With Kindness」で少し親切にするようにと勧め、史上最高のバンドはすべての曲で我々を歌わせてくれ、嫌なことを忘れさせてくれる。WWEのスーパースターでチャンピオンのAlexa Bliss(彼女は以前、Bowling For Soupをお気に入りのバンドだと公言し、プロレスとポップ・パンクをあるべき形で結びつけた)に捧げられたキャッチーな「Alexa Bliss」で世界は衝突。「Getting Old Sucks (But Everybodys Doing It)」では、Jaret、Gary、Chris、Robが、年を取るという課題に適応しながら、伝統的なBowling For Soupのスタイルでロックし、なぜ彼らがいまだにトップであるのかを正確に示している。


1. Greatest Of All Time
2. I Wanna Be Brad Pitt
3. Hello Anxiety
4. Getting Old Sucks (But Everybodys Doing It)
5. Bowling For Soup Pee Break
6. The Best We Can
7. Alexa Bliss
8. Burn Out
9. June Carter Cash (Lost And Found)
10. Public Service Announcement
11. Killin’ ‘Em With Kindness
12. Wouldnt Change A Thing
13. The Letter 3 (Sitcom Song)
14. After All These Beers
15. Greatest Of All Time (Reprise)


[release]2022/06/08
[price]¥2,400+tax
[format]CD
[cat]BRANDO2202J
[genre]洋楽/ROCK・POPS