DOGGIES (FEBB, KNZZ, J-SCHEME)_YOU BARK, WE BITE.




DOGGIES (FEBB, KNZZ, J-SCHEME)
YOU BARK, WE BITE.


「他とは違うコストパフォーマンス」FEBB x KNZZ x J-SCHEMEによる東京のヒップホップ・チーム:DOGGIESのEPが登場。

RAPPERは街の話をする。その目で見た街の話の代弁者。MCは経験から生まれる、街の真実をRAPする。DJは表面を削った街を知り、小さくなった街をLOUDに響かせる音をかける。TEAMには名をあかせない顔も当たり前のようにいて、全てを解放してあがってる。それがDOGGIES、発音はダギーズ。HIP HOPが街の表通りに普通にあった時代、ストリートがストリートだった時代。NYのAVENUEとSTREETみたいに。あのSTREETが特定の場所をさしてた時代。KNZZやJ-SCHEMEから聞くA-THUGの話。何回目かに街に戻って来たA-THUGのLIVEを見て、いつものクラブのフロアで、あがるDOGGIES。ダギーズとエーダッグ。帰って来た街に、あのSTREETは無くて、思い出にもならない様な新しい店が並ぶ通りになってしまっても、STREETにいた2人は、あのSTREETにいたかもしれないFEBBと共にDOGGIESという名前のSTREETを作っていて。DOGGIESはA-THUGと共にEPを作る。ラージに見せる事は当たり前で、見える事の奥にあるPRIDEの為にある、STRUGGLEって言葉がある。USの話を別物のように語るメディアがあって、ラップが流行ってるって、公共の電波でも言ってる。TATTOOを隠さないといけないらしい。真実は話してはいけないらしい。だっせーやつらと上手くやった方がいいらしい。HIP HOPの話をしよう。街が"GET YOUR BACK"って言ってくれる話を。2016年だったらNETFLIXのドラマでMETHOD MANがLUKE CAGEに送った曲みたいに。TRAPが流行ってるなんて簡単に言うけど、TRAPの意味なんて、この街ではほとんどの人が知らなくて。TRAPがあるべき場所には流れてない。GANGSTAとHIP HOPについて、コンビニに売ってる雑誌にも書いてある割には、GANGSTAがライフをかけるHIP HOPを小銭より一桁多い、宝くじより安い配当を夢にすりかえる詐欺師が横行する。偽物の夢を作るエンターテイメントに、偉そうな安い肩書きのHIP HOPが加担するなら、それは詐欺も流行るでしょ。笑DOGGIESの作るHIP HOPは、街そのもので。このEPがKNZZ、febb、A-THUG、J-SCHEMEが作るHIP HOP。その周りにある全てはDOGGIESが現れれば、TRUEなHIP HOPになる。触れれば踏み込みたくなるもの。考えるまでもなく突っ込む、何か言う時間も必要もない、TRUEだから。YOU BARK, WE BITE。DOGGIESが教えてくれるUSのHIP HOPと変わらないというか、それ以上のものが聴けるのがこの作品。スピーカーの音はMAXでお願いします。


1. Top Dog - DOGGIES
2. No Hook - DOGGIES
3. Doggies gang - KNZZ & A-THUG
4. Running pt.2 - FEBB & A-THUG
5. Doggy dog - DOGGIES & A-THUG
6. For Free - FEBB
7. BITE This game - FEBB
8. Undertaker - DOGGIES


[release]2017/02/08
[price]¥2,000+tax
[format]CD
[cat]DOGGIES001
[genre]邦楽/J-HIPHOP