HAPPY TALK_ALL ABOUT LOVE 愛のすべて





HAPPY TALK
ALL ABOUT LOVE 愛のすべて


倖田來未、マライア・キャリー、中島美嘉、SMAP、平井堅、浜崎あゆみ、織田裕二らのライヴ/レコーディングに参加した実績を持つUS・アトランタ出身のパワフル/ダンサブル・シンガー、アンドレア・ホプキンスと、レイ・ブラウン、ケニー・バレル、ミッキー・ローカーとのBLUE NOTE東京出演、ルー・タバキン、エディ・ヘンダーソンらのバンド参加、そして自己のトリオ、CANDELA、尺八のブルース・ヒューバナーとのデュオ、デイヴ・ピエトロのと双頭バンドNYTC、リーダーバンドTOKYO BIG BANDなど精力的な活動を展開するジョナサン・カッツによるライヴ盤 !

アンドレア・ホプキンス(Vo)とジョナサン・カッツ(Piano)によるデュオユニット。音楽的相性が抜群にいいこの2人。アンドレアの美しい歌声とジョナサンの洗練されたピアノの旋律が親密に絡み合う、シンプルかつちょっとお茶目なデュオ、それが「HAPPY TALK」。これまでに世界的なジャズ、ポップスアーティスト達と共演してきた2人だが、今彼らが「デュオ」というシンプルな編成で表現したいこと、それはアメリカンスタンダードや世界の名曲を彼らのフィルターを通した個性豊かな解釈で演奏すること。それはデュオという親密な編成だからこそ可能なこと。ジョナサンの叙情的で、切れ味鋭いピアノの音色に包まれながら歌う魅惑の歌姫アンドレアの、大胆かつ官能的な歌声に、聴衆はいつしか心を揺さぶられ、そして心を奪われていく。音楽的才能と人間的魅力あふれる2人のパフォーマンスをご堪能ください。


1. Moondance, by Van Morrison
2. My Romance, by Richard Rogers and Lorenz Hart
3. Honeysuckle Rose, by Thomas Waller and Andy Razaf
4. I’ve Got the World On A String (prelusion無し), by Harold Arlen and Ted Koehler
5. Nobody Does It Better, Marvin Hamlisch and Carole Bayer Sager
6. How Insensitive, Antonio Carlos Jobim and Vincius Moraes (English lyrics by Norman Gimbel)
7. I Wish You Love, by Charles Trenet (English lyrics by Albert Askew Beach)
8. That’s All, by Bob Haymes and Alan Brandt
9. True Colors, by Cyndi Lauper
10. My Foolish Heart, by Victor Young and Ned Washington
11. Besame Mucho, by Consuelo Velásquez
12. What a Wonderful World, Bob Thiele and George David Weiss
13. My Funny Valentine, by Richard Rogers and Lorenz Hart


[release]2019/02/13
[price]¥2,315+tax
[format]CD
[cat]GPHR-18011
[genre]洋楽/JAZZ