金本麻里 WITH THE BOP BAND




金本麻里 WITH THE BOP BAND
金本麻里 WITH THE BOP BAND


横浜の名門老舗ジャズ喫茶『ちぐさ』より若手に贈る『ちぐさ賞』第一回受賞者、金本麻里がバップバンドを従えて歌うスタンダード集。すさまじいまでの表現力と歌唱力、待望のサード・アルバム完成!

金本麻里のボーカルとバップバンドのジャズ、こんな素晴らしいコンビがあったのか?流石はジョニーの企画だ。 もともと金本麻里の人並み外れた声量とパワーは、通常の伴奏では生かし切れない。クリフォード・ブラウン一筋の村田浩のバップバンドとの共演で、初めて麻里の本領が発揮された。 CDアルバムのオープニング“Caravan”のイントロ、村田(tp)と岡田(ts)2管のリズミックなアンサンブルにのって始まる麻里の力強いボーカルを聴いただけで、快哉を叫びたくなる。以下“How High The Moon”“When The Saints Go Marching In”“Route66”などバップバンドメンバーのプレイと麻里の唄声が完全に一体化して、ハードバップの楽しさを満喫させる。 一方美しいスローバラードの共演も聴き逃せない。“Sentimental Journey”“Charade”“アラバマに星落ちて”などのポピュラーなスタンダード・メロデイがバンドのソロプレイでしっとりと奏されて、麻里の抑制された美声に寄り添って、曲の味合いを深める。 サッチモの名演“この素晴らしき世界”は村田のtpプレイと麻里の唄との絶妙のデュエットが聴きものだ。 そして穐吉敏子作曲、谷川俊太郎作詞の名曲“Hope”に、麻里が初めて公式に挑戦した。この神秘的な曲調の成否は、聴くほうの判断に任せたい。 いずれにせよ、バップバンドと金本麻里の出会いは、同じような企画の多い日本ジャズボーカル界に新生面をもたらす意欲作だ。 


1. キャラバン
2. センチメンタル・ジャーニー
3. ハイ・ハウ・ザ・ムーン
4. シャレード
5. この素晴らしき世界
6. アラバマに星落ちて
7. ザ・マン・アイ・ラブ
8. 聖者の行進
9. 希望
10. ルート66


[release]2017/05/03
[price]¥2,500+tax
[format]CD
[cat]JD-37-CD
[genre]邦楽/J-JAZZ