JAPPERS_FORMULAS AND LIBRA




JAPPERS
FORMULAS AND LIBRA


オールマン・ブラザーズのいなたさとオアシスの熱さを兼ね備えた奇跡のバンド。

JAPPERSを言葉で説明するのは難しい。『ラーズが70年代のアメリカで活動したらこんなバンドだったんじゃないだろうか?』とか『ピンク・フロイドの『狂気』とニール・ヤングの『ハーヴェスト』が現代 に作られたらこんな音だったかもしれない』と言われるのも音を聴いてもらえたらわかるだろう。オルタナ・カントリー、いやむしろ50年代のカントリーから70年代のアメリカン・ロックとも言える風貌とサウンド、 しかし90年代のUKインディーがもっていたポジティブなメロディーも同居している。そう、それはオールマン・ブラザーズのいなたさとオアシスの熱さを兼ね備えた奇跡のバンド。結成以来長く探し続けたス タイルを見つけ、ようやくたどり着いた会心のアルバム。


01, In Proper Place
02, Praise The Moon
03, If You Needed Another One
04, Just For You And Me
05, Lies
06, Amy Lou
07, Rock’n' Roll Music
08, War
09, Intro
10, One Plus One
11, Come On Now


[release]2017/02/22
[price]¥2,000+tax
[format]CD
[cat]KKV-034
[genre]邦楽/J-INDIES