エマーソン北村_スピニング・ホイール / リメンバー




エマーソン北村
スピニング・ホイール / リメンバー


「RISING SUN ROCK FESTIVAL」には10年連続 (!) 出演、昨年はDUBFORCEのメンバーとして「いとうせいこうフェス」にも参加するなどメジャー~インディー/世代/ジャンルを超え、さらなる活躍を魅せるキーボーディスト、エマーソン北村が12月に発表したミニ・アルバム「ロックンロールのはじまりは」から“キャラ立ち”したカヴァー2曲が7インチ・カット !

リアルタイムで聴いたことのある最も古い曲として選曲し、「シャンガンエレクトロ」(詳細はセルフ・プレビューにて ! 名機ヤオヤ=TR-808が大活躍 !) なるリズム・アレンジを施したブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ“スピニング・ホイール”と、エマソロのカヴァー中、最も古くから演奏していた(出会いはセロニアス・モンクとのこと !)曲、そしてアルバム「ロックンロールのはじまりは」の“裏の推し曲”とセルフ・プレビューで綴っていた“リメンバー”のカヴァー。


side A.
スピニング・ホイール (David Clayton-Thomas) 2:18

side B.
リメンバー (Irving Berlin) 4:19


[release]2017/04/26
[price]¥1,200+tax
[format]S
[cat]KMVLS-009
[genre]邦楽/J-INDIES