SHABAZZ PALACES_QUAZARZ VS. THE JEALOUS MACHINES




SHABAZZ PALACES
QUAZARZ VS. THE JEALOUS MACHINES


セカンド・アルバム「Lese Majesty」リリース以降もFlying Lotus、Thundercatとのプロジェクト、WOKEを始動 (そしてGeorge Clintonともコラボ !) する等、レフトフィールドながらも常にヒップホップ・シーンの最前線に呼応してきたShabazz Palacesが、2アルバム同時リリース !こちらは後発でアナウンスされた4THアルバム !

Shabazz PalacesはPalaeer LazaroとTendai Maraireによるシアトルのヒップホップ・デュオだ。Palaeer Lazaro ことIshmael Butler はジャズ・ラップ・グループ、Digable Planetsの元メンバーで、通称Butterflyとして知られる。Digable Planets は1993 年にリリースされたデビュー・アルバム『Reachin' (A New Refutation Of Time And Space)』により、同年のグラミー賞の最優秀ラップ・グループ賞を受賞している。2009 年、Palaeer Lazaro はTendai Maraire とShabazz Palaces を結成。同年にリリースした2 枚のEP『Shabazz Palaces』と『Of Light』がPitchfork 等を中心に話題となり、Sub Pop と契約。Shabazz Palaces はSub Pop が初めて契約したヒップホップ・アーティストであった。2011 年、Shabazz Palaces はデビュー・アルバム『Black Up』をリリース。Pitchfork は同アルバムをBest New Music に選出し、8.8/10 の好レヴューを与えた。アルバムは他所でも高評価を獲得し、結果、Pitchfork、Mojo、Popmatters、Gorilla vs. Bear、The Seattle Times 他、数多くのメディアが同作を同年の年間ベスト・アルバムの1 枚に選ぶこととなった。2014 年にはセカンド・アルバム『Lese Majesty』をリリース。セルフ・プロデュースでシアトルのProtect and Exalt Labs にてBlood によってミクスされたこのアルバムも、Pitchfork のレビューで8.2/10 を獲得する等、高評を得た。Shabazz Palacesは他のアーティストからの評価も高く、2012年は、Battlesのリミックス・アルバム『Dross Glop』で「White Electric」をリミックス。Flying Lotusは2013年のミックステープ『Ideas+drafts+loops』で、Shabazz Palaces をフィーチャリングしている。


01. Welcome to Quazarz
02. Gorgeous Sleeper Cell
03. Self-MadeFollownaire
04. Atlaantis
05. Effeminence (feat. Fly Guy Dai of Chimurenga Renaissance)
06. Julianʼs Dream (ode to a bad) (feat. The Shogun Shot)
07. 30 Clip Extension
08. Love in the time of Kanye (feat. Purple Tape Nate)
09. Sabonim in the Saab on ʻem
10. The SS Quintessence
11. Late night phone callsʼ (feat. Laz)


[release]2017/7/14
[price]¥2,300+tax
[format]CD
[cat]OTCD-6154
[genre]洋楽/HIPHOP