BULLY_LOSING




BULLY
LOSING


前作『フィールズ・ライク』が絶賛されたアリシア・ボグナノ率いるブリーのセカンド・アルバムが完成。スティーヴ・アルビニのスタジオ、エレクトリック・オーディオでレコーディングされたサブ・ポップ移籍第一弾アルバム『ルージング』、リリース。

●2015年にリリースされた前作『Feels Like』が各メディアで絶賛されたBullyのニュー・アルバムが完成した。Sub Pop移籍後初、自身2枚目のアルバムとなる当『Losing』は2017年10月にリリースされる。●アルバム『Losing』の楽曲は、前作のツアーが終わった後、バンドの中心メンバー、Alicia Bognannoによって書かれた。前作でみられるストレートな曲作りは、各々の曲の持つストラクチャーやエモーションを生かす為の空間の必要性を考慮した形へと変化。彼女のヴォーカル・スタイルも、その特徴的なダイナミックさはそのままに、より優しさと解放感に満ちたものへと前進した。アルバムは、以前、Alicia Bognannoが働いていたシカゴにあるSteve Albiniのスタジオ、エレクトリック・オーディオで、バンドのコア・メンバー、Clayton ParkerとReece Lazarusと共にレコーディングされた。


1. Feel the Same
2. Kills to Be Resistant
3. Running
4. Seeing It
5. Guess There
6. Blame
7. Focused
8. Not the Way
9. Spiral
10. Either Way
11. You Could Be Wrong
12. Hate and Control


[release]2017/10/20
[price]¥2,300+tax
[format]CD
[cat]OTCD-6212
[genre]洋楽/ROCK・POPS