BOOKMAN_FAREWELL NOTE




BOOKMAN
FAREWELL NOTE


「RO JACK for ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」では3次審査まで進出 ! bookman初のフルアルバム !

2013年より主催者コバヤシの前バンドの休止と共に本格始動。2015年までの間に、2枚のアルバムを自主制作、会場・通販で展開しつつ、ライヴ活動を行う。その間、コンピレーションアルバムの参加等も行い、東京だけでなく、各地方へも活動の幅を広げる。2015年、活動拠点をロサンゼルスに移す(RECエンジニアとしての勉強の為。)ライヴ活動は一旦休止し、オンラインでの活動がメインとなる。翌年半ば過ぎ頃一旦帰国、やはり日本での展開をしたいという思いから、活動を再開。すぐに着手したレコーディング曲2曲をLAで収録したデモ音源を加えたものを、iTunesにて配信。基本的な制作は全て自分でこなすというスタンスで活動を続ける。今作はアルバムとしては、前作から3年を経て制作された、自身の3rdアルバムにして、初のフルアルバム。


1 優しい人の唄。
2 がらんどう
3 擦過傷(AlbumMix)
4 屑篭
5 人殺しの設計図(歌ってみたVer.)
6 平衡覚(AlbumMix)
7 Escaper
8 心層回遊
9 酩酊都市
10 此処に居たくない理由。
11 涙彩画
12 最期の唄


[release]2017/8/9
[price]¥2,000+tax
[format]CD
[cat]SSR-004
[genre]邦楽/J-INDIES